鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
もう一つの時間

 

旅する木と言う本にほんと出会えてよかった。

読み終わる頃には心からこの本に感謝する気持ちで一杯になりました。

そしてますます星野道夫と言う生き方に引き込まれました。

 

 

僕たちの普段は人間が主役で

自然が脇役みたいなところで生きてるけど

 

人を寄せ付けないほどの圧倒的な自然の場合

自然が主役で人間なんてほんの脇役に過ぎない。

 

そんな過酷な場所を旅してきたのに

星野道夫の言葉はなんだか優しいんだよな。

 

本の中でも「もう一つの時間」って物語の中に出てくる言葉がすきだな。

 

「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは天と地の差ほど大きい。」

 

自分の日常をひっくり返したような

もう一つの時間が流れる場所。

 

旅人はそんな場所をいくつか心に残しているはず。

 

まだまだ旅した場所は少ないけど

僕にも素敵なもう一つの時間が流れてるのを意識できる場所がある。

 

これは凄い財産だなって改めて思えた。

 

 

 

そしてもう一つの時間と言えば

遠く離れた場所でも自分が手で作った物を

誰かが使ってくれていると思えることも凄く幸せだったりもします。

 

7月にOPENされた埼玉のパン屋さん

Cum panis

 

製作させていただいた真鍮の取っ手と傘立の写真を送っていただけました。

ありがたやー!

写真見てとっても幸せな気持ちになりました。

 

思いを込めて作る

大事な事

 

きっとその思いは間違いなく出来上がった物を通して

相手に伝わってるのを感じているから。

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの時間

誰かが焼きたてのパン買にお店のドアを開けた時

パンの匂いに誘われてワクワクした気持ちで取っ手を握ってドアを開けるのだろうな。

そんな事を想像するだけで自然と笑顔になれちゃいます。

 

いつか僕もお店に行ってパンを食べてみたい。

その日が訪れるのを楽しみにしてます。

 

お近くの方は是非行ってみて下さいねー。

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
生活に溶け込むように

寒い冬に何度も打ち合わせをかさねた鉄の窓

桜が満開の頃コツコツつくらせていただき

暑い夏にリノベーション工事が終わり引越し

少し涼しくなり生活が落ち着いた秋に写真を撮らせてもらいに行ってきました。

 

季節の移り変わりを感じながら

ふと今年も100日ちょいなのかと思い

なんだか身が引きしまる思いで

クライアントさんの家向かいました。

 

とっても明るい性格のクライアントさん

いつもニコニコだけどさらにニコニコ笑顔でむかえてくれました。

 

大好きな古道具や雑貨がディスプレーされて

新しい生活をとっても楽しんでいるのが伝わります。

 

土間と室内を繋ぐこの窓をクライアントさんも設計士さんも

物凄く拘っていました。

 

きっとこの窓ごしに見える自分たちの生活が

素敵にイメージできてたんだろうな。

 

オーダーありがとうございました

 

 

 

 

 

 

下の三枚は開閉可能な窓に。 

ディテールはシンプル。

 

 

 

開けた時の窓は真鍮の丸棒をつっかえにして

使わない時は壁に掛けておくようにしました。

 

 

 

 

 

 

窓をシンプルになるべくシャープにしたかったので

押し縁が4.5mmのFBでやりました。

なのでガラスと鉄枠の寸法の逃げが少なくって

かなり難しい加工になりました。

 

使ったマイナスネジとビスが120本以上

どうしても真鍮のマイナスネジを使いたかったから

ネジ自体も色々加工したり

みえないところに色んな思いが。

 

 

 

大きな鏡枠もアイアンでオーダーいただきました。

 

 

 

正面のみハンマーで槌目をつけました。

 

 

 

 

 

レールが取り外し可能な

アイアンのカーテンレールも

色々アレンジして使ってみえました。

 

 

 

こんな布のとめかたも良いですねー。

シンプルに生活に溶け込むような物づくりがして行きたいなと思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
TVボード

 

TVボードをオーダいただき製作させていただきました。

ハーレーとバーべーキューをこよなく愛するクライアントさん。

色んなバイクイベントなどもオーガナイズされてるそうです。

 

お酒に音楽に星空の下で語りながらご飯をたべる。

乗ってる物がバイクなのかサーフボードの違いで

やってることは、結局一緒です。

みんな季節を感じて何処か旅に出たいだけです。

 

鉄板にリベットなども使った少しハードな感じの家具になりましたが

鉄好きでハーレー乗りのクライアントさんにはそれ位がちょうど良かったようです。

 

クライアントさんとは、何年か前に一度お話したことがあったのですが

TVボードを買い替えようって時に僕の事が頭に浮かんでくれて

連絡をいただけました。

何度か打つ合わせながら何処にも無い物が出来上がって喜んでいただけました。

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

TVボードを納品させていただいてから

せっかくなのでテーブルも椅子も合わせたいねと話が盛り上がりました。

 

次の提案もさせていただける事になったので

また楽しみがふえます。

 

ほんと有難いです!

 

 

 

いままでも何度か家具のオーダーいただき製作してきました。

正直ぼくは、家具屋さんじゃ無いしそんな営業した事もない。

 

けれども鉄ってワードで繋がって

何かの縁で誰かがオーダーしてくれて

その方のために何処にも無い物をうみだして来た。

 

これがどんだけやっても中々慣れないのです。

クライアントさんはそれぞれ思いがあるからこそ

毎回違った形になるのはあたりまえ。

 

実は、そう言う事に対応することが苦手なんじゃ無いかと思うほど

毎回苦しんでる。

 

でもね正解の近道は、無いんだよなってわかってる。

だから苦しくてもその先にある喜びに向けて

少しづつでも前に進む。

 

 

僕は、甲本ヒロとの言葉が好きです。

楽しいと楽は対極だよ。楽しいことがしたいなら,楽はしちゃダメだと思うよ

ヒロトが言った言葉が最近心にしみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までオーダー受けてきた製作させていただいてきた家具

 どれも思い出深い物ばかりです。

 

 すべての方にありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
古い技法と門扉

 

ここ数か月で打ち合わせを何度もしながら

つくり込んできた門扉が完成しました。

 

使った材料は、FB16x32と角棒の22x22です。

出来上がった門扉は、とってもずっしりしています。

 

すべての材料を炉に通し叩き

火をくわえた門扉。

 

鉄で物づくりをはじめた頃には、到底作れなかっただろう鍛鉄の技術を組み込んだ門扉。

技法や拘ったディテールも少しづつだけど表現できるようになった。

 

 

 

 

作っている時は、正直なところとっても苦しいです。

悩むところも一杯

体力的にもかなりハードです。

簡単につくる事や近道を知っていながらも

誰にも気づかれないような自分の中の拘りがあって

そこに物凄い時間を使ったり

自分の中でいつも葛藤しています。

 

だけど作り上げた物を見て 喜んでもらえる人が居たり。

ダイレクトに伝わってくる感情をもらったりすると

そんな苦しかった事をすぐ忘れてしまいます。

 

そして苦しいのを乗り越えると

次は、さらに良い物を作る事ができるのじゃ無いかなとも思います。

 

 

基本的には、不器用でめんどくさがり屋でなのに

何故か難しくて手間がかかる面倒な道を選んでしまう。

 

めんどくさがり屋なのに既製品を嫌い

ハンドメイドをめざす。

 

いつも自分の性格の正反対をの道を選んでしまう・・・

何故なんだろ自分でも良く解らないですが

たぶんただのへそ曲がりです。

 

2010年からはじめた鉄で物づくり。

少しづつ少しづつ歩いてきた

 

振り返ると

物づくりと言うフィルターを通して色んな物をつくり

色んな人に出会い

色んなありがとうをもらった。

 

やはり手間を掛けて自分が手でつくり上げた物を誰かに喜んでもらえると嬉しいです。

それがやぱっりめんどくさがり屋の僕を動かす原動力だったり。

 

 

 

 

鉄をしっかり温めて

鋼で鉄を裂いて角棒を通しています。

 

古い技法です。

 

デザインとは、また少し違った意味合いの

そんなディテールが好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取っ手のつまみ部分は、模様を彫刻しました。

 

 

 

 

 

 

門扉を取り付けた先は、この秘密のトンネルの入り口です。

 

トンネルをつくり上げたのは、左官に木工作家にガラス作家に画家だったりと

個性派揃いのメンバー。

 

ワクワクと緊張感が混ざり合った現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
布を使った 門扉

 

半年ほど前から煮詰めて来た

布を使った門扉が出来あがりました。

 

 

布を使った門扉って軽くもなるし

有りそうで無い感じだと思います。

2000x2000ほどの門扉ですが

子供でも すーと開けられます。

 

いつも白紙の状態から物をつくり出しているので

毎回出来上がった時は、最初のイメージと変わったり

思いも寄らない物に辿りつくこともあったりワクワクします。

 

クライアントさんの素晴らしき柔軟なアイディアに感謝です。

色々とありがとうございました!

 

はじめは、テント生地や軍物の丈夫な生地を探してましたが

意外な事に軽トラックの荷台シートに辿りついた。

 

シートと言ってもビニール素材じゃなくって

どんどん味が出る綿帆布。

水もしかっりはじくし丈夫な布です。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

一本のロープで布を結びつけたのは、丈夫だし

拘ったところです。

 

 

 

 

 

7月は、ほんと色んな物を納品させていただいています。

もうひとがんばり。

今月最後は、新築で建てられてるカフェの取っ手など色々製作させていただきます。

 

関わってくれる色んな方々に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
雨上がり

 

鉄の枠に古材を入れて雨戸をつくらせていただきました。

 

 

 

 

梅雨の真っただ中

むしむし しとしと

降ったりやんだりの毎日

 

でも最近なんだか雨も嫌いじゃないと思えます。

何でだろう 自分でもよく解らないけど心の変化

以前より雨の音とか匂いだったり何だか心地良いなって思うこともある。

 

そんな雨上がりの早朝にカメラをもって散歩してみた。

 

 

カタツムリ

 

 

 

綺麗なアジサイ

 

 

大きな水たまりは、鏡みたい

 

 

雨上がりの山に掛かった霧は

ほんわりして綺麗だったり

 

 

 

この写真は、2年前の梅雨。

長男は、水たまりで楽しく遊んでました。

 

きっと忙しい生活の中では、雨の心地良さは、気が付けないだろな・・・

雨を楽しむ位の気持ちに余裕がある生活をして生きたいなと思う雨上がりの朝でした。

 

 

 

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
もうすぐ一年生


ポストをつくらせていただきました。
表の刻印は、お客様に好きな文字を選んでいただいたので
お客様ににとっても思い入れのあるポストです。

お客様に納品後にとっても喜んでもらえた。
自分が手作りした物をこんなに喜んでもらえると
この仕事が出来て本当に幸せだなって思った。

今までも何度もそんな思いになった事がある
だから物づくりが楽しいって純粋に思う。

何のためにつくるのかってのが一番大事だから手広くやるより
なるべく顔がみれてしっかり話が出来る範囲で仕事がしたいなとも思う。

nature home さん
defcolony さん ありがとうございました。





話は、変わりますが
長女が春から小学一年生になります。
家から二キロほど歩いて登校することになるので
練習で日曜日に二人で小学校まで歩くことにしました。



意外に娘の方が歩くの早くてびっくりです。
若干僕が遅れ気味に・・・・

僕も同じ道を登校していたので
懐かしくってついつい寄り道してしまいます。



最近カメラをはじめた娘が
気に入った風景を色々撮りながら
あっと言う間に学校に到着。

二キロも歩けるかなって心配だったけど
全然余裕そうでほっとしました。



午後は、カフェにて娘とデート。


子供達に人生とは・・・
なんて難しい事は
この先も語れるようなタイプじゃないけど

僕も36年生きてきた
昔悩んでいたことが振り返ると大した事じゃ無いなって思える事が
結構ある。
その当時は、本気で悩んでいたけど今思うとなんでそんなことでと思える。

今そう思えるのは、その時悩んで苦しんだから。
だから同じような事が起きても今は、大した事じゃ無いって思えるのだろうなって思う。

だから悩んだり苦しんだりするのは
時には、大切な事だったんだなって今だから思える。

だから色んな事があるけど子供達に何も心配すること無いよ
すべて大丈夫だからって言いたいな。






 
取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
養老の滝にて


養老の滝の登り口にあるお土産屋さんの看板をつくらせていただきました。

出来上がった物は、硬い鉄だけど何だか柔らかい雰囲気に仕上がって欲しくて
何度も炉に入れて叩きます。

お客様にフリーハンドで切ってね
さらに炉に入れて叩いてね
など説明しても中々イメージしていただくのは難しいです。
なので真っ赤になった鉄の写真をみてもらったらイメージが湧いて喜んでいただけたようです。




養老の滝に向かう山道の一番最後のお店がここです。

文字の付ける位置もその場に居合わせた
みんなで意見を出しながら決めました。

みんなで意見を出し合える現場の雰囲気すきだな。
その結果当初横向きだったはずの文字を縦向きに付ける事に!








この古いベンチと昔ながらのお土産屋さんの風景が
ノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

桜の木が一杯の滝に向かう山道
来月は、きっと綺麗だろうなって思います。







大小合わせて30文字程。
最近続いていた切り文字もすべて納めることができました。
ありがとうございました。




 
取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
温かい光


去年の年末に納めた丸い形をした行燈。
遠く埼玉県からのオーダーでした。

オーダーいただいたのがお店のOPEN直前でしたが
少し時間が掛かってもいいから良い物が欲しいと
OPENしてから二か月ほど出来上がるまで気長にまっていただけました。

何処にも無いような行燈が作りたくて色々とイメージを膨らませて行きました。
和の雰囲気を残しつつ
ストーブのような温かい光がでて
道行く人が足を止めたくなるような行燈をイメージしてみました。

 

ご馳走 鉄や
 埼玉県 草加市 氷川町2158-14
048-934-5733 

ご馳走の走るって言葉は、良い食材を探して走りまわるって気持ちで
お店の名前に使ったそうです。

いつか埼玉行った時に寄るのが楽しみです。
オーダありがとうございました!













 
取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
究極の贅沢


後輩が家を建てるって事で玄関のハンドルや
キッチンの取っ手などをオーダーいただきました。
ありがとう!

もともと大工だった後輩は、出来る事はほぼ全部自分でこなし
ながらコツコツ家つくりをしてきました。

天井の高さだったり後輩の拘りが一杯詰まった素敵な家に仕上がっていた。
これから庭作りに入って行くところみたいでとっても忙しそうだった。

何気に設計士の免許があるから教えてもらいながらも
確認申請も自分でやったと聞いて驚いた。

自分の家を自分で作るなんて事は、ほんと一握りの人しか出来ないと思うし
究極の贅沢だななんて思う。

完成おめでとう!




何気ない鉄の取っ手だけど
炉に入れ焼いてまたバーナーで炙って
程よい質感が出たとこで止めて仕上げた物になる。

クロカワが少し模様のような感じになって好きな仕上がりです。










 
取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
| 1/5 | >>