鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
波のある方に

大体の日にちだけ決めて

 

後はその時に波のある方に

 

持って行くのは、サーフボードと食糧と少々のお金だけ

寝る場所はキャンピングカーがあるから何処でもOK

 

なんだかそんな気ままな旅をここ数年続けている

だからいつも決められた結末なんてのが無い

 

まだ見たことない景色や波とか話した事もない人とかと語れるって事が

人生を豊かにしてくれている

 

自然に身をゆだねると

人生の浮き沈みも自然の波の中にあってあたりまえだなって思える。

 

自然のリズムに合わせて

静かになればなるほど聞こえてくる

心の声

 

やりたい事に正直に生きていきたいなと思う。

 

すべてを持ち抱えるなんて無理

大事な物だけを残して

シンプルにシンプルに暮らしたいな

 

そんな事を考えさせてくれる

旅はやっぱり大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

今回は南の方に。

宮崎県の日向から入り17号の台風スエルを求めてさらに南下して

志布志湾まで海岸線を波探しながら車を走らせたました。

 

予想もしてなかった素晴らしい波に出会えました。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
僕は一生忘れないだろな

 

この夏の思い出は娘がはじめてサーフボードに立った事。

 

今まで波打ち際でちゃぷちゃぷ遊んでいた娘がこの日は、少し沖に出て

サーフボードを押して欲しいって言ってきた。

 

 

スープでゆっくり押してあげたら

一本目からゆっくりだけど立ち上がった。

 

それを見た僕は、娘との色んな思い出が

一気に頭を駆け巡った。

 

 

 

はじめて目がみえるようになった日

はじめて笑った日

はじめて泣いた日

はじめて歩いた日

はじめての雨

はじめての虹

はじめての海

はじめて自分で服を選んでオシャレした日

はじめて僕とケンカした日

はじめて抱きしめた日

 

 

子供が成長するのに色んなはじめてがある。

うまれて七年間色んなはじめてがあった。

すべてが新鮮だった。

 

その中でも特別

娘がはじめて波に乗った日を僕は一生忘れないだろな。

 

 

 

 

だって波に乗ったら自然とこんな笑顔になれちゃう

不思議な魔法に掛かった日だから。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ

この夏に嫁さんは、病気でしばらく体調を崩していた。

色んな事が重なり二か月ほど苦しい思いもした。

 

 

 

最近ようやく海にも行けるようになったし

少しづつ体力も戻ってきた。

 

気持ち良く波に乗ってる嫁さんを見るのはやっぱり嬉しいです。

 

 

 

 

化粧もしずに日焼けもしまくり

まっ黒く焼けた肌で自分らしく生きている嫁さん。

 

近々南の方にトリップに行こうねって話してる。

元気になってくれて良かった。

 

病気と一緒に色んな悪い事が飛んで行ってくれたみたい。

 

色んなことに感謝して

素直にありがとうって思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
一足先の夏祭り

 

門扉をつくっています。

つくると言うよりつくり込むって感じ。

 

今回の門扉は、しっかりした鍛鉄の技法も使ってつくり込んでいます。

コークスで硬い鉄をあたためて曲げるの繰り返し

ほんと少しづつしか進みません

焦っちゃだめ

急いじゃだめなのです

良いモノつくりたいと思ったら

少しづつ少しづつ

まだまだ完成までには時間がかかりそう。

 

 

 

 

 

 

一足先に夏祭りで踊ってきました。

 

 

友達の浴衣展もあったりと

気持ちは、完全に夏を楽しんでいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
ガイアシンフォニー 


以前から見たかった映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』。
ジェリーロペスが出てくる4話を
ヨガの先生からお借りして見ることが出来ました。

サーフィンは、特別なスポーツだと思う。
風によって生まれたエネルギーが遥か彼方からやってくる。
そのエネルギーの塊に乗ることが出来る。
良い波に乗れた時
きっとそれは、調和だって事に気づかせてくれる。


映画の中でもジェリーロペスが言っていたけど
自然との調和、波との調和、地球との調和を学び
それを自分の人生に持ち帰ってどうして生かして行くかが大切だって。

その地球との調和を学ぶ入口がヨガだったりサーフィンだったり
他にも色んな方法があるはずだと思う。


先日ヨガ教室の仲間と食事に行きました。
僕以外は、みんな10年以上ヨガをしているベテランばかり。
貴重な話も沢山聞けた。

そこで瞑想の話になり
それぞれの瞑想に入れた時の感覚を聞くことが出来た。

フラットになれるとかリセットされるとか気持ちが良いとか
みんなそれぞれの感覚を持っていました。

共通しているのは、瞑想に入る時に深い呼吸が大事だってこと。
呼吸を意識するってのは普段の日常生活では、中々味わえない感覚である。



4話に出演しているイギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士の唱えるガイア理論が大好きです。
「地球はそれ自体がひとつの生命体である」

地球もひとつの生命だと思うと
地球もきっと気持ちが良い呼吸を求めているはず。


また大きな地震が起きて日本が大変な事になっている。
化学が進むと何でもコントロール出来ると勘違いしてしまいますが
自然が猛威を振るうたびに
自然には、逆らえないと気が付かせられる。

だからぶっ壊れた物がなおせない
原発は、やはりストップした方が良いと思う。

少しでも被害が少なくなって欲しいと願います。





調和って深いなーと思った。
凄く良い言葉にも出会えた。

雨の日曜日
楽しみにしていた喫茶緑さんのフリーマーケットも中止。

気持ちを切り替え
色々と頭をリセット出来て何だかスッキリ!

工房にこもり
詰まっている物づくりをはじめます。












 
日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
Julio González


以前からみたかったJulio González の作品を三重県立美術館にみに行ってきました。
スペインを代表する彫刻家です。





素晴らしい作品ばかりでした。
難しい説明は、抜きで心に残る物ばかりでした。

当たり前だけど芸術作品とその時代の世界情勢なにかも作品と関係してくる。
歴史からも学べるけどここ100年でも色んな事が起きている。
戦争などで人々は自由を奪われ。
また自由を求め時には、立ち向かいそして倒れる。

戦争中だったら鉄も貴重な物で手に入りにくい時代もあったはず。

何か色んな視点で物をみれるようにここ最近100年くらい前までさかのぼり
世界史を勉強しまくってます。

大人になって自らこんなに勉強好きになるとは不思議です。

ちなみに数学は、今でも大っ嫌いです!









帰り道に美術館の近くにアントニン・レーモンド
設計のレーモンド ホールがあるので寄ってみました。

部屋の丸太材を使った天井を見るのを楽しみにしてたのですが
閉まっていました。

それでも窓を覗き込み
外観をみて楽しんできました。

















 
日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
大好きな場所

だいぶ遅めになってしまいましたが
僕に関わってくれる方々
ブログを読んでくれてる方々
今年も一年よろしくお願いします。

年越しは、今年も大好きな種子島に行って来ました。
今回で5回目。
どんどん好きになる場所
そしてまた会いたいなって思う素敵な島の人達にも出会えて幸せです!

とりあえずいい波に乗れて健康だったらそれが幸せだったりして実にシンプル。

そしてサーファー夫婦にとって嫁さんがいい波に乗るって事も
家庭円満の秘訣だったりも。

最終日にサイズアップした波に乗れた
うちの嫁さん大満足で海から上がって来ました!
嫁さんのライディングシークエンス。


 








そしてありがたいことに
種子島の島宿HOPEさんの新館に使う部屋のサインを
オーダーいただき製作させていただきました。

遠く離れた島だけど
なんだかいつも身近に感じれてる島に
作り手として関われたことに嬉しく思いました。
オーナーの風間さん本当にありがとうございました!!







一泊させていただきましたが
本当に疲れが取れてゆっくり出来ました。

種子島に行くならば絶対お勧めですよー。














そんな感じでのんびりした正月から一転
一月は、製作に追われながらあっと言う間に2月になろうとしてます。

2月は、螺旋階段の大きな作り物があります。
鍛鉄でパーツも作るので炉もハンマーもフル活動です。
叩きまくるのでちょっと体が心配です。
去年から腰が痛くて・・・・

デザインと納まりを練る事で2か月かかってますが
まだまだ悩みどころが・・・

でもきっと特別な階段になるはずで
楽しみです!






 
日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
 スクランブル交差点


旅のつづき
千葉を後にして一度東京に向かった。
たまたま岐阜から仕事で仲間も来ていて
夜は、みんなで合流で飲みに。





深夜の渋谷スクランブル交差点を徒歩で横断。
一気に何百人って人が歩き出す。

都会に慣れて無い僕には、この人の流れに上手くのれず
ふらふらと何度も人とぶつかりそうになる。

都会にいると知らない人とあいさつする事も
話かける事もあまりない。

でも田舎だと散歩ついでに知らない人とあいさつもするし
世間話する事もよくある。

なんだろなこの違いって交差点歩きながら
ぼんやり考える・・・・・

答えは、解らないけどただ行きかう人々のエネルギーを
感じるとぞくぞくする。

そんな深夜のスクランブルだれとも出会うこと無く
交差点を歩きながら思った。

僕の人生の交差点で交わって出会ってくれた人は、奇跡だなって思った。

身近にいて関わっていてくれる人
出会ってくれてありがとうって思えた!








東京では、坂田古道具店に行ってみた。

お店に入って感じた張りつめた空気
本物だなって思った。

今回行けなかったけど千葉にある 美術館as it isもいつか
訪れたいなと強く思った。


東京を後に茨城に向かいました。
また続きは、次回にー。

とりあえず12月は、毎度の事だけど
バタバタになってテンパリ気味だけど楽しいことばかりです!







 
日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
大切なメッセージ


 

鉄で物づくりをしながらご飯を食べて行こうって決めてからずっと
手づくりに拘って来ました。

 

そうすると自然と古い技法に惹かれ
溶接が無い時代のリベット止めや

炉で温めてからハンマーで叩いて形を作って行く鍛鉄に辿り着きました。

作る物は、スケッチからはじめて悩みながらも
イメージを形に変えて行くONLY ONEな物。
手間も時間も掛かる。
どんどん便利になって行く未来と逆方向に向かって走っている。

でも手づくりしか出せない無骨な表情や
感覚的な部分が絶対あるし
悩みながらも自分のSTYLEをもっと追求して行くのはこの道だと感じた。


なので既製品の装飾パーツとかは、一切使っ使わずに
素朴な物づくりしをして来ました。

そんな物づくりの作業風景をカワキタ フィルム ワークスのチャルさんに
撮影していただきました。

作ったのは、平和の鐘が鳴るベルです!
薄暗い工房で真っ赤な鉄を叩く音など
普段なかなか見る事が無い風景だと思います。

 

僕は、チャルさんが撮影する写真や映像が大好きだし
物を捉える感性がとっても大好きです。

カメラや波乗りなど大好きな事を追求してる姿は、子供のようで
そんなSTYLEがチャルさんの作品にも滲み出てます。

チャルさんと一緒にONLY ONE VINTAGEがのこせて感謝です。






そんなチャルさんとトモ君で活動しているカワキタ フィルム ワークス
が手掛けた新しい作品が7/1からリリースとなってます。

かむあそう トライブスを追っかけた作品です。
南は、種子島まで各地のLIVE映像
どこも濃い内容ですよ。


かむあそうが歌に込めたメッセージは、今の世の中の人みんなに聴いて欲しいと思う。
僕自身も3 11以降色々と気が付いた事があるからこそメッセージがどんどん心に響いてくる。

「なにものも傷つけないハッピーな革命さ」 この言葉が大好き!

本編みると不思議と映像と音に体が揺れる
ギターを弾く手だったり歌う顔の表情だったり
生の表情にぐっと寄った映像が渋くてたまらない。

そしてボーカルのヤジィさんの語りに引き込まれて行く。
最後の曲からエンドロールのあたりは、鳥肌たっちゃった。

そして作品みた後に自分の心の中でもハッピーな革命が起きていた。
一人の小さな革命だけど感じれて嬉しかった。 
そしてもっと大きな輪になって行ったら良いなって思った。

多くの人に見て欲しいなってマジで思います!

購入は、カワキタ フィルム ワークスのSTOREページ
その他色んなアーティストのPVなども手掛けてますが
個人的にSAYAKAさんの一期一会のPVが大好きだなー!
チャルさんだから引き出せる映像や写真一杯あります。


大人が本気で遊べば仕事になるって法則
どっかの本に書いてあったけど。

これをマジで自然と実行してるのがチャルさんだと思う。
自然とね
うーんこれは、凄い事だと思う
何に対しても全力で取り組んでるから。

大人になると色んな利害関係とか気にして
いつの間にか枠からハミ出る事とかも
恐れて守りに入って
世界を狭くしてしまう。

何となく30歳位でそんな感じのなりたくない自分になってたけど
ある日チャルさんと出会ってから世界が広く感じた。

だって40歳超えても全力で遊ぶ事ばかり考えてるから
そう少年のままなんです・・・心が!
進む方向の基準がワクワクする旅先と
笑顔の輪の方向ばかりに進んで行く

そう少年の純粋な心のフィルターを通しているから
素晴らしい作品を作り上げれるんだろなって思う。

僕も少年の心のままで居たいなって思ったら
色ん要らない重い荷物を降ろすことが出来て世界が広く感じる事が出来た。
今は、シンプルで大事にする物がみえてきた。


そして何より尊敬してるチャルさんのフィルターを通してもらって
今回 映像をおさめる事が出来て本当に感謝です。
ありがとうございました!

人生には、大切な出会いとかメッセージが転がっている
それを見落とさないように純粋な心であり続けたいなと思いました!

ぜひぜひ作品チェックしてみて下さい
        ↓





 



 











 

日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
本 あつめ









某本屋さんに洋書がどれでも500円になってるよ
と情報をいただき。
洋書を12冊まとめ買い。

一冊5,6千円位する本が何故かセールに。

今の時代ネットで色んな画像がみれるけど
やっぱり椅子に座り
ゆっくりページをめくりながら本を見るのが大好き。

そして並べてある本を遠くから見るのが大好き。
田舎に住んでて唯一不便なのが良い本屋が近場に無いって事。

古い本も新しい本も自分の知識や感性を高めてくれると信じてるから
この先も本を集めるのは、続けたいなと思う。







友達のお店のテーブルの脚をデザイン製作しました。
OPENは、来月かな。
詳細は、またです。












 
日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)































出発二日前に決まったGW弾丸トリップ。
ハイエースのキャンピングカーにボードと布団だけ詰め込み
後は、波とフィーリングまかせ。

まず瀬戸内海の直島でアートを感じて次の日に子供たちのリクエストで山口県のサファリパークへ

その後山口県から鳥取砂丘まで波を求めてひたすら海岸線をほぼ下道で
波を探しながら走りました。

前半波が無かった日本海だったけど最終日には、胸くらいの波に乗れました。
半分移動で海に入る時間は、少なかったけど
久しぶりに野生の感で知らない土地で波を探すって事をしました。

動いて触れてた分だけ自分の価値観として心に根付く物がある。

これからもそんな旅を続けたい。




 



 
日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
| 1/7 | >>