鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
ワインバーがあるお家





ワインが大好きなクライアント夫婦。
お家の中がワインバーのようになりました。




カウンターに腰かけてゆっくり自宅でワインを飲む。
足掛けは、ちょっと細めのパイプでシンプルに。



細めの角棒をハンマーで叩いたシンプルなアイアンで柵をした棚の上には、ワインがずらりと。
みてるだけわくわくしますね!

僕は、ワイン飲めませんが・・・
好きな物に囲まれる生活は、うらやましいです。



こんな照明もつくらせてもらいました。



奥さんがどうしても実現したかった滑車付の建具。
このセレクトは、かなり渋いです!

凄く喜んでもらえて感謝です!




色々とおさまり考えるのに現場管理のSさん設計のMさんと
どうやったら使いやすくてかっこよく納まるのか考えました。




滑車以外は、手作りだけどミリ単位のシビアな物に
うまく行くか心配でしたが取り付けも順調に行き。

スムーズな開け閉めとレールと滑車が擦れる音がまたいい感じの重みを伝えてくれた。




ハンドルも建具の重厚感に負けずに
ずっしりといい感じ。


OPEN HOUSEも今週までやっているので気になる方はぜひ行ってみてください。


新しいことをするには、エネルギーがいる。
つくると言うか産みだす感じ。
苦しいけどやぱり楽しいなと思う。

今回のお家を産みだした監督のSさん設計MさんコーディネーターのNさん
いつも何かを産みだそうと前を向いています。
お客さんがいない時でもこうしたら喜ぶだろうな的な会話が自然と出てくるしね。
結局そんな会話から新しいアイディア湧き出てくるし。

気が付いたら僕の周りには自然とそん人達集まってくれていつも勉強させてもらっています!
感謝しかないです。


もうすぐ6月になりますが仕事が密になってきました。
たまってしまった製作とこれから始まる製作
体は一つなのでうーんどうしよう・・・







 
取り付け完了 comments(2) trackbacks(0)
Comment








鉄が生きてる。カッコいいね。
from. miwa | 2014/05/29 07:22 |

Miwaさんそう言ってもらえると素直に嬉しいです!
炉に入れて叩くと不思議と鉄が生きた表情になってくれるんですよね。
ありがとうございます!
from. Schmied | 2014/05/31 12:29 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/116
<< NEW | TOP | OLD>>