鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
末が八匹展 終わりました



末が八匹展 沢山の方に来ていただきましたー! 
ありがとうございました。

スープ屋の麻紗子ちゃんがぼそっと言った一言からはじまった今回の展示会。

年男 年女で展示会やったら面白いねーなんて
話からの流れで
一人また一人とメンバーが増えていつの間にか
8人の作家が集まって。

ワイワイ文化祭みたいな感じで楽しかったー
そして同年代の作品や生き方に刺激を受けた展示会でした。







僕の作品は、古い藍染の生地をキャンパスにして
ぐねぐねした鉄を組み合わせた物

古びた藍染の青は、地球の悄ヽい簾
鉄で自然のエネルギーの流れをイメージした作品です。

今までにないアプローチが出来ました。


ここ一年何が作りたいのか解らなくなり
ずっと悩んでいた。

何が残したいのだろう
何が好きなんだろう
何にワクワクするんだろう
いったい何がつくりたいのだろう・・・・・

暗い闇の中
ずっと手が動かない時期を過ごしてました。

でも今回気が付いた
僕が作るのは、無の物でも良いんだって。

作り上げた物が
答えが無い物だとしてもいい

自分の中のエネルギーを表現してみたいって
素直に思った。

ひょっとしたらそれはARTって言葉があてはまるのかも知れないけど
とにかくずっと手が動かなかった暗いトンネルの出口がみえた。
長かったけど来年は、面白い事が出来そう。






ミニ彫刻






鍛鉄で作り上げた
リベット組した鉄のベル。
低めの綺麗な音が出ます。




みんなの作品是非もみて下さい。
人間的にもみんな魅力的なメンバーでした。
ありがとう!

そしてオーナーのミワさん に感謝です。
ありがとうございました!





渡邊琢哉(線点屋)









國枝裕昭(KATAYAMA・PAINT・WORKS)






tossy(temptationglass)




多田しほ(ナチュラルファームCocoro)




永田麻紗子(呉服屋ラポラポとスープ屋さん)












福田陽平(ピネル工房)








市川有香(Ryukkaと焼き菓子かしここ)
















 
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/175
<< NEW | TOP | OLD>>