鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
鉄窓



昔の古い建物や工場などに行くと
既製品では無い鉄の窓が付いています。
何かねー昔から古い鉄の窓を見つけるとあの独特のオーラにやられちゃってドキドキします。

この感情を鉄好きのマニアックな人には、理解してもらえるはず!

だけども今の時代はアルミの既製サッシがほとんどです。
ほんの一部のマニアックな方だけ時代をさかのぼりまた鉄の窓を求めています。

そんなマニアックな感覚を共感していただけるアンティークショップの店員であるクライアントさんに出会い
鉄の窓をオーダーいただきました。
ありがとうございます!

何度もサンプルを見ていただいたり
スケッチしたり
製作途中を工房まで足を運んでいただき
確認しながらじっくりつくり込んで行きました。

クライアントのご夫婦に
この窓がお家のメインになるからといっていただき
出来上がるのをとっても楽しみにしていただいていました。







かなりタイトな押し縁にしたのですっきりした窓ができました。
でも触れたら鉄の質感がしっかり伝わり
シンプルなデザインだけど鉄の無骨がしっかり感じられる窓になりました。

室内なので仕上げは、オイルでかるく拭きあげただけ。
やっぱりペンキを塗らない鉄の質感が大好き。



すべて真鍮のマイナスネジとビスを使いました。
その数約150本

マイナス頭は、下穴をあけてからドライバーで手締めしているので
根気がいる作業が続きます。

インパクトを使って+ネジを止めるのに対して
マイナスネジだと5倍は、時間が掛かるんじゃないかな・・・・

でもやっぱり見た目が好きだから手間が掛かっても
使いたくなっちゃうのです。






取っ手もかなりシンプルに



窓が開いてる時は、手づくりの真鍮の棒が
支えになっています。


まだまだ鏡枠や吹き抜けの手摺などもオーダーいただき
作り込んで行きます。

連休前の忙しさがピークになり
頭の中がぐるぐる回っています。

呼吸を整えて進みたいですね。



 
日々の物づくり出来事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/185
<< NEW | TOP | OLD>>