鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
僕は一生忘れないだろな

 

この夏の思い出は娘がはじめてサーフボードに立った事。

 

今まで波打ち際でちゃぷちゃぷ遊んでいた娘がこの日は、少し沖に出て

サーフボードを押して欲しいって言ってきた。

 

 

スープでゆっくり押してあげたら

一本目からゆっくりだけど立ち上がった。

 

それを見た僕は、娘との色んな思い出が

一気に頭を駆け巡った。

 

 

 

はじめて目がみえるようになった日

はじめて笑った日

はじめて泣いた日

はじめて歩いた日

はじめての雨

はじめての虹

はじめての海

はじめて自分で服を選んでオシャレした日

はじめて僕とケンカした日

はじめて抱きしめた日

 

 

子供が成長するのに色んなはじめてがある。

うまれて七年間色んなはじめてがあった。

すべてが新鮮だった。

 

その中でも特別

娘がはじめて波に乗った日を僕は一生忘れないだろな。

 

 

 

 

だって波に乗ったら自然とこんな笑顔になれちゃう

不思議な魔法に掛かった日だから。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ

この夏に嫁さんは、病気でしばらく体調を崩していた。

色んな事が重なり二か月ほど苦しい思いもした。

 

 

 

最近ようやく海にも行けるようになったし

少しづつ体力も戻ってきた。

 

気持ち良く波に乗ってる嫁さんを見るのはやっぱり嬉しいです。

 

 

 

 

化粧もしずに日焼けもしまくり

まっ黒く焼けた肌で自分らしく生きている嫁さん。

 

近々南の方にトリップに行こうねって話してる。

元気になってくれて良かった。

 

病気と一緒に色んな悪い事が飛んで行ってくれたみたい。

 

色んなことに感謝して

素直にありがとうって思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/198
<< NEW | TOP | OLD>>