鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
もう一つの時間

 

旅する木と言う本にほんと出会えてよかった。

読み終わる頃には心からこの本に感謝する気持ちで一杯になりました。

そしてますます星野道夫と言う生き方に引き込まれました。

 

 

僕たちの普段は人間が主役で

自然が脇役みたいなところで生きてるけど

 

人を寄せ付けないほどの圧倒的な自然の場合

自然が主役で人間なんてほんの脇役に過ぎない。

 

そんな過酷な場所を旅してきたのに

星野道夫の言葉はなんだか優しいんだよな。

 

本の中でも「もう一つの時間」って物語の中に出てくる言葉がすきだな。

 

「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは天と地の差ほど大きい。」

 

自分の日常をひっくり返したような

もう一つの時間が流れる場所。

 

旅人はそんな場所をいくつか心に残しているはず。

 

まだまだ旅した場所は少ないけど

僕にも素敵なもう一つの時間が流れてるのを意識できる場所がある。

 

これは凄い財産だなって改めて思えた。

 

 

 

そしてもう一つの時間と言えば

遠く離れた場所でも自分が手で作った物を

誰かが使ってくれていると思えることも凄く幸せだったりもします。

 

7月にOPENされた埼玉のパン屋さん

Cum panis

 

製作させていただいた真鍮の取っ手と傘立の写真を送っていただけました。

ありがたやー!

写真見てとっても幸せな気持ちになりました。

 

思いを込めて作る

大事な事

 

きっとその思いは間違いなく出来上がった物を通して

相手に伝わってるのを感じているから。

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの時間

誰かが焼きたてのパン買にお店のドアを開けた時

パンの匂いに誘われてワクワクした気持ちで取っ手を握ってドアを開けるのだろうな。

そんな事を想像するだけで自然と笑顔になれちゃいます。

 

いつか僕もお店に行ってパンを食べてみたい。

その日が訪れるのを楽しみにしてます。

 

お近くの方は是非行ってみて下さいねー。

 

 

取り付け完了 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/200
<< NEW | TOP | OLD>>