鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
喫茶エントワ

3月の初旬にOPEN予定の蔵をリノベーションした喫茶エントワさんの

看板をオーダーをいただきました。

 

蔵をイメージした看板。

風に吹かれてくるくる回ります。

 

何年雨ざらしで放置してあったんだろう・・・

タイミング良く見つかった錆びた鉄板。

 

表面は、クレーターのようにエグレた素敵な鉄板を

提案してみました。

 

 

 

 

 

 

 

後日イラストレーターの方と店長さんが

一緒にお店の名前をペイントします。

 

そしたら本当の完成です。

 

 

 

くるくる回ってカザミドリみたい。

 

風に吹かれてゆっくり回るの想像すると

ばほのぼのしますね。

 

 

 

逆に風が強すぎる日は、このフックで回転を止めれるように考えてみました。

 

 

 

 

 

 

色々と納品させていただきました。

きっと素敵な物が出来上がる。

そんなイメージで心待ちにしてくれてたようですが

想像をさらに上回り素敵な物が出来上がったと言って喜んでいただけました。

 

嬉しい言葉に元気がでます。

 

こんな言葉をもらえるような物づくりが出来た時は、工作気分で楽しんで作ってる事が多い。

手を動かすのが楽しくてしょうが無い状態

ある意味、無の状態かも・・・

多分flow状態。

 

想像を超えてこそほんとの創作だろなと思います。

まだまだ行きたいステージには、ほど遠いですが

言葉ってエネルギーもらえますね。

また頑張れます。

 

もっともっと喜んでもらえるように

日々修行ですね。

 

またエントワさんの詳細OPENの日が決まれば

お伝えしますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/217
<< NEW | TOP | OLD>>