鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
振り返ると思うこと・・・

                        photo studio hishiki 

          

 

 

鍛冶屋をはじめた頃には、到底つくる事なんて出来なかったはずの螺旋階段を

少しづつ技術も覚えてつくる事が出来るようにもなりました。

 

はじめの頃は、コークスの火もまともに焚くことも出来ず煤で顔が真っ黒になってた頃が少し

懐かしいです。

 

ほぼ独学で試行錯誤しながらも進んでこれたのは

誰かが僕に作って欲しいって思う気持ちをいただけたから

要望に応えるために解らない事を一つづつ調べて解決していくと

いつの間にか自分の腕となってくれる。

 

結局その繰り返しが積もるといつの間にか次のステージに引き上げてくれるクライアントが現れる。すべては、人からの縁で物づくりが進められてきたなって振り返ると思う。

 

人生って不思議で出会いでどんどん変わって行く。

今日も素敵な出会いがありました。

その方の夢は、薬草を使いこなす魔女になりたいって事を話してくれて

素敵な話でワクワクしました。

 

夕方は、仲間とも未来の構想について楽しく語れた。

これもワクワクです。

 

やる気が湧いて湧いてしょうがない人てってのは、話してると

こっちまでエネルギーもらえるから

だれかの夢を聞くのは、大好きです。

 

何気ない日常を振り返ると

大切な嫁さんも子達も元気でいてくれる。

語れる仲間も居るし刺激になる仲間もいる

助けてくれる仲間もいる。

オーダも沢山いただけて

ごはんも食べていける。

ほんと有難いなって思う。

9月一杯までオーダーでびっしりです。

 

最近よく思うけど

思ったことや、やりたい事は、なるべく溜めずに少しづつでも

話したり行動に起こした方が良い。

 

溜めるとどうしても重くなって簡単に動かすことが出来なくなるから。

どんな難し事で少しづつやれば辿りつけるんだろなって

信じてます。

 

常識の枠ってのは、ある意味怖くって

いつの間にか外れることが怖くなってしまって

すると視野も狭くなる。

 

だから自分が枠にはまり過ぎて無いかなって

たまに立ち止まって考える時間が必要なんだろな。

最近時間に追われて突っ走ってきたから余計そう思う。

 

螺旋階段の完成写真いただいて眺めていると

何か物づくりはじめた頃のこと思い出して

色んな感情が湧き出てきました。

 

 

 

香瑛住研さんのモデルハウスが一宮にあります

ひょっとしたら流れで螺旋階段もみれるかもです。

気になる方は、是非。

オーダーありがとうございました。

素晴らしい写真もありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/230
<< NEW | TOP | OLD>>