鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
日々の思い

 

イメージを形にして生み出す。

これってほんと凄いエネルギーが必要。

 

そして作り込む月日とストーリーが長いほど

工房から旅立つ時には、愛おしい気持ちになる。

 

最近よく感じるのがオーダーいただクライアントさんも僕に依頼する

前に色んな思いを持って来てくれているってこと。

 

そんな思いやストーリをじっくり聞くのが楽しみだったりして

デザインのイメージにもつながります。

 

旅先で出会った人に何で旅に出たの?

どうやってここに辿り着いたのってのを聞くのが

もともと大好きなのでそれに近い感覚です。

ストーリは、みえた方が面白いです。

 

 既成の物より 手間も時間もお金もかかるのに

わざわざオーダーしてでも自分のイメージを形にしたいって

強い思いを持っている方ばかりに出会います。

このわざわざってのは、良い意味ですよ。

 

そんな方々の前で僕は、どう向き合えば良いのかなって

自分自身の思いの掘り下げにも繋がります。

 

本当に必要な人に必要な物を届けられたら最高ですよね。

日々そんな思いです。

 

今回は、鍛金の技法で

銅を使って照明を製作しました。

 

Nさん、ほんとに色々な物をオーダいただきありがとうございました。

しっかりしたイメージと思いをもっている方なので

物づくりしていてとっても楽しかったです。

ありがとうございます。

最終のオーダ分の出来上がりまでもう少しかかりますが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

鍛金の歴史は、とっても古く紀元前4000年も前から使われていたそうです。

一枚の板から叩きだして形をつくりだす究極の技法です。

きっと一生掛かっても勉強しきれないほど奥が深いです。

これも縁あって学ばさせていただいています。

ほんと有難すぎです。

いつもありがとうございます。

 

この丸い銅版からはじまり

使う道具は、ハンマーと当て金だけで

あとは、手感覚だけで形をつくります。

 

 

今年は、県外のクライアントさんのオーダーが多く

静岡、茨木、三重、京都と続いています。

 

三重のクライアントさんは、鍛鉄を使った物だったりで

来年にかけて続きます。

 

少しづつですが色々と吸収させてもらい

提案できる引出しも多くなってきています。

すべてが混ざりあって自分の色になってくれたらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてマーケット日和でブースに遊びに来ていただいた方、ワークショップに参加していただけたみなさん

ありがとうございました。

 

一緒に出店していただけたデザイン一級建築士事務所の辻さん

ありがとうございました。

 

マニアックな路線のワークショップでしたが

アンテナに引っかっていただけた方は、個性的で面白い人ばかりでした。

そんな人々に出会えたのも大切なことです。

きっと色んな目線があっても良いのだろなって思えた実りある一日でした。

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://schmied1535.jugem.jp/trackback/253
<< NEW | TOP | OLD>>