鉄や真鍮で物づくり  schmied 1535
黒電話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年リーマンショックの影響で仕事が無くなり人生が大きく変わった。
あたり前の日常が崩れて行った。
そんな暗い時だったけど長女が生まれくれてキラキラした日常を与えてくれた。

それからは、とにかく自分の手の届くミニマムな生活がしたくなった。

学生の時に楽しみにしていた図工と美術の時間を思い出した。
自分が作り出した物を届けて喜んでるもらえるシンプルな流れの中に身を置きたかった。

だから物づくりを生業にしたいと思った。

何の伝手もなくネットで探した金属工房に連絡しまくっていくつかの工房で修行させていただこうとお願いしてみたけど全て断られてしまった。

当時は、必死で今考えるといきなり電話も失礼でしたがメールも使ったこともないくらいの世間知らずでした。

そんな中で唯一見学させてくれたのは、Fuigo の平田さんでした。

工房は、薄暗くってアンダーグラウンドな雰囲気で石炭と油の混じった匂い全てがカッコ良かった。

一発で金属の魅力に取り憑かれた。

その時に工房でリンリンと鳴ってた黒電話を懐かしく思う。

結局どこかの工房で修行は、あきらめて自分で独学にてはじめることになった。
そしてすぐに東日本大震災がおきて、あたり前の日常が崩れて行った。
それでも前を向いて歩いた。

そしてコロナウィルスでまた
あたり前の日常は、崩れていく
大きな渦にのまれ行く自分..... 物づくりをはじめて10年多くの出来事があった。
一番の宝は、子供が3人になってみんな元気に育ってくれていること。

この10年休む間も無く走り続けてきて追われる日々の中
いつの間にか自分のこともわからなくなってしっまった。

コロナで予定していたイベントやお仕事も何件かストップしました。
久しぶりに立ち止まった。

ほんとは、どんな生活がしたいの
何が作りたいの
幸せってなんだろう
何処に向かうの
自分に色々と疑問を持ちかける良いタイミングかもしれません。

どこに行っても何をしても
僕は、僕であって
個性だけは、捨てたくないなって思います。

何故だか最近、高校生の時によく聴いていたPunkをやたらリピートしてます。

 

- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>